岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  イチゴの収穫が無くなってから、最近は朝食前には歩いて1分?の1号ガラス室のブドウの管理。入ってすぐはシャインマスカット。毎年ハダニの被害があり、今シーズンも出始めました。右のほうの元葉が黄色くなってきてます。
287051gousya.jpg

  ひたすら瀬戸ジャイアンツの粒間引きをしてますが、たまに四葉のような粒があります。いいことあるかも?  
287051gouseto.jpg

  そして、朝食後にブルーベリー収穫。今シーズンはイチゴに続いてブルーベリーもいい感じ。6月5日から収穫をはじめ、これから中盤。8月末まで収穫が続きます。写真の右は8月に収穫する品種です。
28705bb.jpg

  ヘビが心配なのと、防鳥ネットに草が絡んで外せなくなるので1か月おきぐらいに草刈します。
28705bbkusakari.jpg

  ついでにブルーベリー園手前の畑も草刈り。毎年ソバを播いてて、ソバの落ちた種が生えてて、きれいなのでソバだけ残すように草刈りしてます。秋に実がつく品種なので、しばらくは実がつかずに花だけ楽しめます。
28705soba.jpg

  午後は暑くて熱中症にならないように、3時ごろまでのんびり読書。図書館で借りた本を読んでます。福島の原発事故以降に岡山へ移住してきた人の紹介。なかなか興味深いです。行ってみたい。食べてみたい。
28705ijyuugumi.jpg

  夕方3号ガラス室のブドウの潅水。草生栽培なんで草がたくさん生えてますが、作業の邪魔になるので一月おきぐらいに草刈りしてます。
28705toki.jpg

  夕方6時からFMを聞きながらブドウの粒間引きをしてると、さだまさしのアルバム「私花集」の曲が次々と流れてきました。私が、大学生のころよく聴いてたアルバムでとても懐かしいです。「案山子」なんかその当時の自分や自分の息子への思い(歌詞とは全然違うけど)とかぶるって感動したり、「主人公」なんか学生のころの思い出と今の自分をうたった曲で何歳になって聴いても共感します。「秋桜」は山口百恵さんがカバーした名曲で、アルバムのリリースは1,978年で私がまだ中学のころ。すごいアルバムですね~。
スポンサーサイト
  今日もイチゴはたくさんあり、風ぐるま市場にもポルカ中のふるさと市場にもしっかり出荷しました。写真は風ぐるま市場です。
27123kazaiti.jpg

  立派なほうれん草がありました。1束購入。
28123houre.jpg

  晩はほうれん草たっぷりのシチューを食べました。おいしかった~。
28123housu.jpg

  ジャムもいろんなのがありますよ~。冬はお客さんは少ないですが、常連のお客さんもいて少しずつ減ってます。
28123jya.jpg

  午後は、寒くなりそうだったので3時過ぎに内張りを下しました。でも、思ったほど寒くないです。明日は寒くなりそうですね。

  全体に花が少ないのですが、列によって花が多いとこもあります。遅く植えた紅ほっぺは収穫始めは遅れましたが、連続して花芽も見えます。
281231goube.jpg

  写真のへんは今は少し赤い実が減ってますが、3月にも安定して採れそうな感じです。でも、全体には花が少なく、2月下旬から3月にかけてイチゴが少ない感じがします。
281231goube2.jpg

  有漢図書室で前から読みたかった本を借りて帰りました。わくわくして読み始めましたが、序盤は制度の話とかでちょっと話が硬い感じ。全国のいろんな取り組み事例が楽しみです。
28123tiikioko.jpg
  今朝は寒かったですね~。イチゴハウスの手前にあるブルーベリー園です。この前まで残ってた紅葉もすっかり落ちてしまいました。下草は霜でシャリシャリです。
271226bb.jpg

  朝冷えるときは、天気になることが多くて、昼はいい天気になりました。ハウスの中はナデシコが咲いてます。ナデシコもいろんな色、種類があって5種類くらい植えてるかな・・・寒さにも暑さにも強くて、ほとんど1年中咲いてる感じです。たくましい花ですね。
271226nade.jpg

  今日はイチゴがたくさん採れて、特にいつもは年内はほとんど収穫できない「さちのか」がたくさん採れました。写真は収穫した後の「さちのか」です。硬くて日持ちの良い品種で、送りに適してます。味も濃厚です。感じでは「幸の香」と書くそうです。幸せの香りがします。
271226sati.jpg

  最近借りた本、杉山経昌さんの「農で起業 実践編」を読みました。
noudekigyou.jpg

  小さな効率の良い農業という点で自分と共通する点が多いです。おもしろいのは、50歳で外資系サラリーマンを辞めてなんの縁もない宮崎県綾町で農業をはじめ、この本を書いたのが70歳の時で、成功のあとに75歳で農業をやめる計画に向けての経営縮小、承継についての計画を書いてる点です。就農時には75歳で農業を辞めると決めて、すべて計画的に、実践、修正しながら農業に取り組んでるのがとても参考になりました。

  私も結構データはとって分析してるほうだと思いますが、将来計画はぼんやりです。ただ、今50歳で、二人の子供ももうじき大学を卒業するし、ぼちぼち経営を縮小して、後継者も育成して健康優先の農業へ持って行きたいと考えてます。まわりの農家の方は70~80歳になってもバリバリ頑張ってますが、あまり将来のことは考えてなくて、健康を害したらすぐできなくなって廃園、耕作放棄という方が多いような気がします。
 今日はイチゴを少しと、黒大豆、タカキビを風ぐるま市場へ出荷。戻ってからすぐ着替えてお葬式へ参列。同じ町内会の方が先日亡くなられて、講組みではないのでお見送りまでして帰りました。

  午後からはイチゴの管理。さちのかの摘花や花びらを落としたり。

  あとあき姫と紅ほっぺ果柄折れ対策を補強。イチゴの枝が伸びてくると、枝がプランターの角などで折れたりするので、3~4列紐を張って枝を支える様にしてますが紐が実の重みで下がってきました。。写真は紐を張らずに、マルチの下に果柄折れ対策をしてるとこでした。今度は紐を貼ったとこの写真を載せます。
1221aki2.jpg

  夕方から今度は町内会のもう1人の方の通夜に妻と二人で行き、今しがた戻ってきました。実は18日に30件ほどの同町内会で2人の方が亡くなられ、明日はもう1人の方のお葬式です。

  歴史の好きな方で、5年前に「郷土が生んだ有漢の偉人傳」を書かれた方で、鎌倉時代からの有漢町で、有漢町出身で活躍された方々の事がよくわかります。本を残すと言うことはすごいことですね。私も何か後世に残せるかな~
ukannnoijinn.jpg


  今日はイチゴ狩りの後で、ちょっとイチゴは少なめ。それでも、昨日天気が良かったからか、そんなに食べなかったのか、思ったよりイチゴはありました。なんとかケーキ屋さんなどの注文分をつくって、直売所にも少し出荷出来ました。

 朝は曇ってて、11時頃から雨が降り出しました。雨の日はビニールハウスの中は作業日和です。天気だと昼間は30℃おオーバーで、夕方4時頃からハウス内の作業をしたりしますが、今日は1日中ハウス内でイチゴの芽かきや葉切りをしてました。

 管理や収穫がしやすいように、なるべくスッキリさせます。通路を見れば作業量がわかります。
512hakaki.jpg

 家の裏の桑の葉も濡れてます。桑には利尿・高血圧・高血糖(糖尿病)などへの効能が期待されてて、生葉や天ぷらで食べたりお茶で飲むとか・・・。まだ食べたことはありませんが、食べてみようかな・・・。http://health-food.holy.jp/blog/archives/2012/12/post_801.html#8 
512kuwa.jpg

 晴耕雨読ではないですが、ちょっとずつ読んでた 風の中のマリア を読み終わりました。ミツバチを飼育してると憎たらしいスズメバチですが、オオスズメバチの働き蜂の目で見た世界が擬人化して書かれてて、とてもおもしろく、オオスズメバチについての知識が深まりました。オオスズメバチの生涯は過酷ですね~。私も去年は初夏には女王バチを数匹、秋には働き蜂を何十匹も殺ししてますが・・・
kazemari.jpg