岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
 今日は朝7時過ぎからイチゴの防除。アブラムシが増え、うどん粉病もわずかですが見られたので、ハチに影響の少ないチェスとサルバトーレMEを散布。
 8時過ぎには終了し、内張を巻き上げ、アレキの取り残しを10房ほど収穫し、3週間前からリンゴと一緒に袋に入れ追熟させた明日の学校給食用のキュウイフルーツ70個弱を風ぐるま市場に出荷。その後、週1回の当番で百姓グループの農産物をポルカのふるさと市場へ運搬しました。ついでに買い物。
 11時過ぎに帰宅すると玄関にブドウの苗が2本。今年農協に注文した翠峰と藤稔です。さっそく予定地に植えました。ついでに周辺の草刈り。午後からはイチゴの管理や生育調査など。内張を降ろしてからは中が暗くなるので、ハウスの外でビニールの掃除など。
 
 明日はわいわいクラブで愛媛県宇和島市の段畑保全の取り組みを見聞きし、晩は大島で1泊し、周辺の農家との交流予定です。
スポンサーサイト
1128aki.jpg 今日は8時前から明るくなってきたので8時から作業。気ままです。イチゴハウスの中は暖か。内張を巻き上げて、葉かきや摘花。摘花をはじめると収穫が近くなったな~て感じです。写真はうちで1番早い章姫でもう赤いのもチラホラ。ただ少ししか植えてないので、出荷はまだ先になりそうです。1つの果房に10~20ぐらいつぼみが着きますが、株やつぼみの大きさを見ながら半分くらいにします。全部残せば数はなるけど、小さいのが増え作業が大変になるのと、株が弱って次に出てくる果房が遅れたりします。途中でわからなくなりますが、第1果房、第2果房と言った具合に次々果房が出てきて6月上旬まで収穫が続きます。
 摘花をしてるとたまにアブラムシがびっしりとついたつぼみがあります。そんな時は、歯ブラシでこするときれいにとれます。手でとろうとするととりにくいし、つぶれて黒い汁でヘタが汚れます。ヨトウ虫用の摘果ハサミと歯ブラシの二刀流で虫退治。
 夕方はイチゴハウスの外張の掃除。3年使うとかなり汚れが目立ち、窓ふきに4mぐらいの柄をつけてゴシゴシ。すぐに雑巾、バケツの水が真っ黒になります。小雨でも降れば作業がしやすいんですが・・・
 今朝も8時半から作業。イチゴの葉かきとハスモンヨトウ捕殺、ブルーベリーの灌水。3号ガラス室10aのブドウ灌水など。
 ブルーベリーは先日一部を引っ越し、29本を1ヶ所にまとめました。最近雨が降らず、ブルーベリーは乾燥に弱いので、イチゴの点滴灌水の余剰排水やハウスまわりの排水溝の水をブルーベリー園に流れるようにしています。高畦なので、水が溜まっても大丈夫。来年はしっかり穫れるかな?溝を掘ってるとミミズを20匹ぐらいゲット。烏骨鶏にやるとめちゃ喜んで食べてました。
 3号ガラス室は今までは半分の5aのみ作ってましたが、来年から全部を作ることになりました。面積が増えると水やりも大変です。
 昼前にブドウ・シイタケ農家の田村さんが来園。軽トラにタンクを積んでるので防除でもするのかと思ったら、シイタケのホダギに水をまいたそうです。シイタケも雨が少なく生育が悪いようです。
 今朝は寒くて、霧も晴れないので8時半から作業。日中は隣町まで買い物と、イチゴ農家訪問。イチゴの生育が遅れてるので比較的のんびりできます。
 最近イチゴのハウスの中ではハスモンヨトウが増えてます。8~9月は防蛾灯をつけ、10月は夜間はハウスを閉め、飛び込みは抑えたと思うんですが、今日は60m4列を葉かきして、成虫(蛾)4匹、幼虫1000匹ぐらいは殺したかな?成虫はハサミでスパ!幼虫は長さ2mmぐらいなのが1枚の葉に10~100匹ぐらいいて、手でつぶします。生まれてしばらくはまとまってるんで発見しやすいんだけど、少し大きくなると散らばって、芽や実を食べて被害大。去年もだいぶやられました。
 防蛾灯は、毎晩日没前から夜明けまで点灯してたけど効果は?逆に、防蛾灯の近くは花芽分化が遅れました。電気代はいるし、来年はどうしようかな~。
 今日の農作業は朝夕のイチゴの内張開閉と、炭酸ガスヒーターの設定のみ。
 風ぐるまフェスタでの西小PTAのプロジェクトのため、朝9時前に地域局に集合し、食材・道具等を常山公園に運搬。10時のオープニングまでにレシピを折ったり、会場準備。10時過ぎから前日の午後作った巻きずしの販売開始。ちょっと遅れて、おにぎり用のあったかい混ぜご飯が届き、おにぎりを作りながら販売。巻きずしは切り口がきれいなチューリップ巻きで、作り方を実演しながら販売。西小学校の校庭で穫れたギンナンも販売。
 昼過ぎには巻きずし、おにぎりは完売し、苦戦したギンナンも子供達が売って回ってくれて2時過ぎには完売。今年から駐車料金が1台500円要ったにも係わらず、好天にも恵まれたくさんの人が来てくれて良かったです。商品と一緒に、レシピ集や「早寝早起き朝ごはん」の啓発パンフレットもしっかり配り、準備からいろいろと大変でしたが、良い取り組みができたと思います。スタッフの皆さんもお疲れ様でした。よそのテントの片づけも手伝い5時過ぎに帰宅。
 今日はイチゴの作業はサイド、内張の開閉とエコピタ・重曹・アミノ酸葉面散布。エコピタは還元糖でダニ、アブラムシ、カビの物理的防除。重曹は食品にも使われ安全で、アルカリ性で制菌効果があるそうです。エコピタは100倍で使いますが、うっかりして200倍で散布。効くかな?
 日中は百姓グループや西小学校PTAの販売するおこわや巻き寿司等のラベル作成。品名、材料、消費期限、生産者等を書いたラベルを各66枚ずつ8品目作成しました。ラベルを持って行くと、百姓グループや西小学校PTAも調理室で10名前後が明日の準備に追われてました。
 特に西小学校PTAの巻きずしは金太郎飴みたいに切り口に花の模様がきれいです。明日はテントで今日作った巻きずしの他に2種類のおにぎりを作って販売。朝ご飯にあった、栄養価を考えたメニューです。是非食べてみて下さい。レシピ集も配ります。
 今日も朝はかなり冷えましたが天気は良く、イチゴハウスでは今シーズン初めて炭酸ガス施用。炭酸ガスと言っても家庭用のファンヒーターを1時間ほど炊くだけです。以前、普及センターで炭酸ガス測定器を借りて調べたら、晩はイチゴが呼吸で炭酸ガスを出すので、炭酸ガス濃度は400ppmぐらいになり、朝日が昇ると光合成で炭酸ガスを消費し、ハウスを閉め切ってると炭酸ガス濃度は100~200ppm(外気は300ppmぐらい)に下がります。そこで早朝に家庭用ヒーターを1~2時間程度炊くとハウス内の炭酸ガス濃度は700~1000ppmになり、光合成が促進されると言った原理です。
 最近は炭酸ガス削減による温暖化防止が叫ばれてますが、植物がいかに炭酸ガス削減に重要かよくわかりますね。一方で、家庭用ファンヒーターをちょっと燃やすだけでたくさんの炭酸ガスが出ることがわかります。
 夕方から、福祉員の仕事で歳末助け合いの募金を集めていると突如消防団出動のサイレン。林野火災です。あわてて駆けつけると、まだ放水前で、吸水管を運び、ポンプに結合し、谷川から給水。放水開始。分岐。放水訓練のような感じで、大きな火事にならずにすみ良かったです。靴と軍手が濡れて寒~。
 寒くてパソコンに向かうのが辛いです。朝はイチゴの作業を少ししてから百姓グループの農産物を「ふるさと市場」へ運搬。ついでにポルカ、ホームセンター、容器屋さんで買い物。昼前に戻り、育苗ハウスの空いたとこにべんり菜、水菜、壬生菜、サラダ菜、スイートピーの種を播きました。昼からは2号ガラス室の灌水とイチゴの葉かき。
 日が照ったり陰ったりで、時々小雨も。日が照るとハウスの中は温かく快適です。陰ると一気に気温低下するので温度管理が難しいです。
 昨日からメールの調子が悪く、見えません。急用の方は電話かブログのコメントでよろしく!
 朝布団から出るのが辛い。まだヒーターは出してません。イチゴハウスは3日連続で加温機が動き、灯油は100Lぐらい減ったかな?灯油が高いのでなるべく使いたくないけど・・・。
 午前中はイチゴの葉かきと1号ガラス室のブドウ灌水。ガラス室は冬も10~15日おきに灌水します。夏より灌水量は少ないですが水が冷たく辛~。
 昼はわずかな白小豆を収穫したり菊を片づけたり、ブドウを挿し木したプランターを引っ越ししたり。あっという間に暗くなってしまいました。
 今日は有漢町施設野菜生産組合の視察研修で、広島県の福山市園芸センターでトマトのドレンベッドやイチゴのるんるんベンチ等の実証ほ、万田発酵では万田酵素の工場といろんな作物での実証ほを見させて頂きました。朝8時過ぎに出発し、夕方5時すぎに帰宅。車の中でも昼食時も絶えず情報交換。
 万田酵素は50種類以上の農産物や海藻を3年ぐらいかけてゆっくり発酵させた味噌のようなもので、体にも良いそうです。農作物への利用についてはいろんな話を聞きますが、イチゴとブドウでちょっと試験的に使ってみようと思ってます。
 晩6時半からは小学校のPTAの役員会。25日の風ぐるまフェスタでの出展について最後の打ち合わせをしました。