岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
 日中は暑くて外へ出る気がしませんね。家はクーラーは無いけど、昔のつくりなんで快適です。

 朝、イチゴハウスでハスモンヨトウの防除でマトリックフロワブルを散布。幼虫の被害が増え、ハウスの中は暑いし、捕まえて潰すのも大変なんで・・・。マトリックはIGRと呼ばれる成長抑制剤で、脱皮の促進及び摂食阻害作用があるそうです。 人、魚、天敵には安全性が高いそうです。

 なるべく農薬は使いたくないですが、いざという時は使います。イチゴでは昨年、一昨年は豆球を黄色でペイントして防蛾灯を試みましたが、電気代が結構要るのと、防蛾灯の下の花芽分化が遅れたので今年はやめました。その代わり今年はハスモンヨトウの防除が増えるかな?でも農薬はなるべくBT剤や、IGRなど安全な農薬を使いたいと思います。あと、夏~秋にうどん粉病の防除を徹底すると収穫期間中はほとんど防除しなくて良いみたいなので、適期に防除し、収穫前はなるべく防除しません。使っても重曹やエコピタぐらいかな?ダニについては一昨年から天敵のチリカブリダニを使ってます。

 ブドウは3ヶ所のガラス室で作ってて、それぞれやり方が異なり、1号ガラス室は園主さんといっしょに作ってるんで栽培暦どおり年間13剤ぐらい使う見込み。2号は後半は防除控えめで11剤、3号は6剤かな?3号は毎年フタテンヒメヨコバエの発生に悩まされてます。庭のピオーネは種無し処理のジベレリンだけしか使ってませんが、ハマキ虫の被害が大きいです。

 大豆はさやのできはじめに1回だけ殺虫剤散布予定。何もしなかった年もありますが、カメムシやハスモンヨトウの被害で虫食いの選別に苦労しました。ブルーベリー、タカキビやササゲ、小豆は無農薬です。スモモやモモは最初2~3回防除をするけど、途中からほったらかしで、毎年虫や病気にやられます。なかなか思うようには行きませんね。
スポンサーサイト
 朝食前は大鎌のかまきち君で自宅周辺の草を刈ったり、1号ガラス室の草削り。朝食後はハウス内の草取り、ブルーベリーやコンニャクの草刈と刈り草でマルチ。イチゴハウス周辺の畦畔にグラスショート散布。広葉の草を枯らし、イネ科の草は伸びるのを抑えます。草を完全に枯らさないので、畦が崩れません。

 ちょっと休憩し大豆の畝間や周辺にバスタ散布。草が大きくなりすぎて大豆が負けそうなんで豆にかからないように注意して散布。背負いのタンク1杯18L散布したら雲行きが・・・。途中でやめてブドウの作業をしてると土砂降りの雨。最近は雨がほとんど降らず、降ったとしても夕方かなと思ってたら昼前の雨。グラスショートもバスタも散布後6時間は雨が降らないほうが良いようで、効果は???めったに除草剤を散布しないのに・・・。

 なるべく除草剤は使いたくありませんが、草刈の労力は大変で、時と場所によって除草剤を使ってます。ちなみにブドウの木下では除草剤は使いません。イチゴの棚下は夏から秋に2~3回ラウンドアップかハービーを散布。収穫中は使いません。ハウスやガラス室周辺ではラウンドアップまたはハービーを散布。畦畔は年2回グラスショート散布。小面積のササゲやタカキビは除草剤は使いませんが、大豆は1回はバスタかハービーを使ってます。

 もし除草剤をまったく使わなかったら、夏場は体が持ちません。ちなみに、使う除草剤はすべて普通物で、ハービーは自然界の菌が成分だったかな?ラウンドアップも根まで枯らして効果が長いけど、地面に落ちた成分はすみやかに分解されるそうです。
  朝食前は1号ガラス室の草削り。1号ガラス室は10aのガラス室の1/4を作ってて、園主が隣で草を生やさずきれいに管理してるとこちらだけ草生栽培というわけにはいかないんで・・・。

 朝食後、ブルーベリー、ニラを収穫し直売所へ。ブルーベリーは3~4日に1回の収穫ですが量が減り2パック。ニラは食べ切れなくなってきたのと、ブルーベリーだけだと直売所に持っていく時間ががもったいないので4束出荷。

 あとは育苗ハウスにアスターやメロンを播くため徐々に片付け、アレキの袋掛け。夕方はイチゴ苗が足りなかったり枯れたりしたプランターに少しランナー挿で根を出した苗を定植。 

 昼は暑くてゴロゴロ。今日は娘をいぼの治療で病院に連れて行きました。なかなか作業が進みません。
 今日は朝食前に1時間半ほどイチゴの作業をして、津山の妻の実家へ御中元。

 妻の実家にもクーラーは無く、日中扇風機の前でテレビを見たり、子供と遊んだりしてゴロゴロ。夕方モクモクと黒い雲が増え、雨の降る前にモモを収穫。紅清水、浅間、長沢の3本を私が津山にいるときに植え、今はお父さんを中心に管理。摘果が十分できず小玉がびっしりなってます。

 収穫してすぐ強い夕立。すぐ止んであとはさわやかな夕暮れ。
 
 昼、晩御飯をよばれ、モモ、キュウリ、漬物・・・いろいろもらって帰りました。有漢はまったく雨は降らなかったようです。
 今日は早朝はうちの果樹園の下刈り。面積約5aにモモ1本、スモモ5本、サクランボ6本?花梨、ザクロ、桑などを植えてます。木苺もどんどん広がってますが実が付かないな~。なんでだろう?
かまきち君で腰ぐらいに伸びたヒメジオンやアワダチソウ?をバシバシ。

 あとは、イチゴハウスでハスモンヨトウ捕殺6列。比較的涼しく10時までハウス内で作業。1号ガラス室2.5aのブドウ潅水など。

 午後は暑くて、体調も今一なんでぐったり。夕方も作業はせず、6時からの地区の納涼祭に家族で行きました。メインはカラオケ。演歌が主体だけど、私は井上揚水の「少年時代」を歌いました。「夏祭り、宵かがり~」なんてフレーズが良いですね。年々子供の参加が減り今年は7~8人。子供の思い出になる納涼祭になればな~と思います。

 今後の夏の大きな行事は8月9日の有漢町納涼祭、11日の「うかん自然の学校」ぐらいかな?
 今日は昼から北隣の新見市でPTAの人権研修会に参加。作業を11時にやめ有漢川を下り、途中から高梁川を上り、久しぶりに新見市へ。道中の高梁川がとてもきれいで、作業の忙しい中研修に参加した目的もいくぶんこの辺にあります。

 人権研修はなんか形式的で堅苦しい話が多いですが、今回の講師の仲島正教さんの話は今まで出一番参考になり感動しました。小学校教師21年間、教育委員会5年勤めて48歳で退職し、今は若手教師対象にセミナーや講演活動をやってるそうです。

 先生と子供、親と子供のいろんな実話を聞き、人権を学ぶ=人と人との暖かいつながり感じること、辛いことがあっても優しさの貯金があると大丈夫など、途中キロロの「未来へ」や花花の「あーよかった」を聞いたり歌ったり、テストでみんなで1or3回拍手したりしながら、あっという間に約2時間が過ぎました。宿題は家族に「あなたがいてよかった」と言って抱きしめてあげるということでしたが・・・。全国を飛び回ってるみたいです。ホームページもあり。阪神ファンはさらに共感がもてるかも?

 今日も早朝かまきち君で家の周りの草刈り。石にがんがんぶつけてるんでちょっと切れ味が落ちてきたかな?イチゴのハスモンヨトウ捕殺。今年も多いです。2通りで2~3百匹はつぶしたかな?2号ガラス室5aのブドウ潅水と草抜き。メヒシバは刈るより抜いたほうが良いですね。
 今日は大鎌のかまきち君でキウイ、柿、ブドウの下草刈り。草刈機よりずっと調子良いです。特に木に登るつる性の草は絡まないし、刈りやすいですね。また地面に着くまで伸びたキウイの枝もバシバシ。軽いから楽ですね。

 ブドウは潅水作業をしながらかまきち君で草刈。熱射病にならないように扇風機の前で休み休み作業。草刈機と違ってエンジンを掛けたり切ったりしなくて良いので楽です。うるさくないんでラジオも聞きながら作業できるし・・・。

 昼は小学校プールの監視当番。気持ちよさそう。いっしょに泳ぎたい・・・。
 朝食前に庭で新兵器の試験。伸びた草をバサバサと切り、時々庭木の枯れ枝や徒長枝を切るためのこぎりや剪定ばさみも登場。

 新兵器とは現代農業8月号を見て買ってしまった大鎌?(柄の長い鎌)です。草刈り機と違いエンジン音がうるさくなく、早朝の作業でもあまり近所迷惑になりません。また石や木の近くでも安心して刈れます。燃料を気にする必要もないし、ゆっくり考えながら使え、ほかの道具と併用もしやすいかな。

 朝食後イチゴのハスモンヨトウの防除。BT剤のエスマルクを1500倍で90L散布。そして、新兵器を今度は大豆で使ってみました。9aの大豆畑は除草剤はしておらず中耕を1回やっただけで、すでに青々とした草の海に豆が飲み込まれそうです。草の大きいとこだけ1時間ほど大鎌で草刈り。草刈り機よりはきれいに刈れた様な?メヒシバが多いのでちょっと面倒で、草がある程度大きくなってからのほうが刈りやすいです。また、現代農業にも書いてたけど、朝、草がまだしゃきっとしてるときのほうが刈りやすいですね。あとは、草刈り機の8枚歯もいっしょだけど、使ってるとすぐ切れ味が落ちてくるような・・・。

 昼前は1号ガラス室、夕方5時ごろから2号ガラス室のブドウ芽かきや摘粒。昼はぐったり。豆よりを少し。大鎌は作業の終わりに次回の出動に備え砥石で研いどきました。
 今日は日中は外に出ず、久しぶりに書籍やゴミの整理。現代農業約20巻を必要なトコだけとってファイルにしたり捨てたりで3時間ぐらい掛かったかな?あらためてなるほどと思うことが結構ありました。あとは早朝にブルーベリー収穫、夕方6時頃から小豆播種、朝夕のイチゴ植え付け直後の葉水ぐらいで、療養してました。朝にあった頭痛も昼には治まり、あとは喉の痛みだけです。

 小豆は去年同様に赤を3a、白を1a程度播種。去年は雨が多く、田植え靴で播種して発芽がさっぱりでしたが今年はカラカラに乾いててグ~?昔から大豆の沼田播き、小豆の炒り播きなんてことわざがあって、小豆は土が良く乾いてる方が発芽がよいらしいです。

 みんなの幸せを祈りながら播種。何故なら小豆は赤飯需要が多く、めでたいことが多いと需要が増え高くなるからです。出産、結婚、米寿に白寿、いいことがいっぱいありますように!合わせて、アフリカのチャド湖の水が増え、周辺の数億人の方に湖の恵みが増えますように!
 昨日でやっとイチゴの苗の定植終了。定植と言っても空中で根が少しでた苗を穴に挿していくだけです。去年同様さちのかは苗に余裕があったけど、紅ほっぺは7割、章姫は4割ぐらいで、中には1プランターに1株なんてトコも。またこれから枯れる株もおそらく2~3割はあるだろうな~。1プランター6株で足りないトコはランナーを採っていきます。

 昨日は昼から熱が出て、夕方4時からイチゴの定植作業を始めたけど途中でダウン。一度家に戻り熱を測るとなんと39.1度。熱さまシートや冷えた缶ジュースを脇に挟み、1時間ほど休んで、少し涼しくなって作業再開。疲れが溜まって扁桃腺が腫れたのが原因かな?でも食欲は普通にあり、水分もしっかりとってました。

 一晩中熱にうなされ今日朝も38度あり体がだるい。朝のイチゴ苗への葉水はできずに祖母の3回忌の法事で実家へ。熱はその後も下がり、夕方には平熱になりイチゴに葉水。イチゴもがんばれ!