岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。

1128aki.jpg 今日は今シーズン初めてイチゴを収穫。あき姫5個です。1粒20gくらいかな?夕食後に一人一個(私は2個)食べました。糖度は12度。この時期にしてはまずまずかな?イチゴは寒くなるとだんだん甘くなります。何故かさがほのかはこの辺では厳冬期に味が落ちるのでうちでは作ってません。

P1000011 (3) 朝2時間ほどイチゴの管理をして、父が生まれた家のある備中町へ。祖父が死んでから40年くらい誰も住んでなくて、毎年2~3回行って管理をしてます。今日は松の剪定。高さ10mぐらいの石垣のへりに5mくらいの松があり、枝は石垣から飛び出し、剪定は命がけで、以前父が剪定を職人に頼んだら2万くらいとられたとか?私はお金がもったいないので、剪定が危険な上のほう1/3の枝をすべてばっさりカットしましたbiltuyukouyou.jpg。これからは下の枝を横へ横へ伸ばそうと思います。こうすれば今後の剪定が楽かな?道中の紅葉がきれいでした。

 夕方から再びイチゴの管理。今日も摘花や芽かきをしながらハスモンヨトウの幼虫をハサミで切ったり、しぶとく実についた花びらをとったり。花びらはだいたい自然に落ちますが、落ちずについてると灰色カビ病とかが気安くなります。うちは面積が10aですが結構大変。面積の大きな人はどうしてんのかな?
スポンサーサイト
 今日もいい天気で、11時にはハウス内は30度近くなり、3時ごろまでサイドを開けてました。この時期の30度はけっこう応えますね。頭がポーとしてくるので、午後は2時ごろまでのんびり読書。

 今読んでるのは、石川直樹さんの「この地球を受け継ぐ者へ」です。7カ国から集まった19~26歳の8名の若者が北極圏から南極まで、スキーや自転車でテント生活しながら、いろんな町で環境とかについてプレゼンテーションしがら、旅をした毎日を書きとめた日記。まだ読みはじめですが、北極圏の話はすごかった。氷点下35度とか経験すると、氷点下15度が快適で、氷点下5度は暑く感じるそうです。

 今日の作業は、ひたすらイチゴの摘花や芽かき。そしてたまに気分転換で親株の管理。摘花をしてるとまだ時々ハスモンヨトウの幼虫?を見かけます。緑の実をバリバリかじってたり。ハサミでちょっきんです。
 今日も快晴。朝は霧が濃かったですが、霧が晴れるとどんどん温度が上がり、11時ころからハウスは30度近くなり換気扇が回り始め、サイドを肩まで上げました。

 日中の30度近いハウスの中で作業してると、朝晩は寒さが応えます。温度が高いときはハウスにあまり入らないほうがいいですね。でも、夕方はあまり遅くまで作業できないし・・・。でも、12月上旬が一番日暮れが早く、もうそんなに変わりません。一方、日の出はまだまだ遅くなって、1月下旬は今より20分以上遅くなるんで、早起きが辛くなります。

1126tubaki.jpgP1000012 (2) 庭はピンクと白のツバキ(サザンカ?)が咲き、ミツバチやアブがたくさん来てます。南天の赤い実もきれいで、春のようです。ツバキは木へんに春ですが、11~3月に咲くんですね。サザンカは童謡でも有名で初冬って感じですが、咲く時期はそんなに違わないのかな?サザンカは花びらが散って、ツバキは花ごと落ちるそうです。1~3月に咲くのは花ごと落ちてるんでツバキだけど、今咲いてるのは?です。写真をどうぞ。
 昨日は寒かったですが、今日は好天、イチゴハウスはサイドを上げてても30度まで上がり、ハチが元気に飛び回ってました。

1125aki.jpg あき姫はまだわずかですが、赤い実が見えてきました。主力の紅ほっぺ、さちのかはまだまだです。収穫が忙しくなる前に作業場の片付けが大変です。

 最近読んでる本は井上靖の「わが一期一会」。穂高が舞台の「氷壁」やシルクロードを舞台とした「青き狼」や「楼蘭」などの作者で、日本や海外でのいろんな出会いについて書かれてます。地図を片手に、自分も旅の気分を味わいながら、コタツでちょっとづつ読んでます。

 今はカレーを煮込んでるとこです。妻と息子の帰りが遅いので、じっくり煮込めます。今日のカレーは大根葉を刻んでたっぷり入れてます。

 写真は今日のあき姫の早いやつです。5日前の写真と比べてみて下さい。
kanki2.jpg 世間は3連休ですが、妻は仕事。工場は休みは日曜だけでした。私は時間さえあればイチゴの管理。朝1~2時間は天気とCO2メーターを見ながら、光合成を促進するためヒーターを炊いたり、芽かきや摘花です。気温が上がればサイド巻き上げ。午後温度が下がってきたらサイドを下ろします。

 あと、3号ガラス室ブドウの水やり。10日おきの予定が2週間あいてしましました。ガラス室なんで年中水やりが必要ですが、水やりの時間は2時間弱で夏場の1/3くらいです。

 子供は今日は部活も無く、家で掃除をしたりダラダラしてました。掃除もだいぶ言って、やっと共有のスペースを片付け。昼から友達が子供を連れて、少しのんびり。でもうちの子は人見知りで・・・。

 今はテレビドラマ「いのちの島」を見ながら日記書いてます。屋久島でキャンプ。火がついて感動!もっと子供には明るく、たくましく育ってほしいですね。自分で考えて、身の回りのこと、勉強、家の手伝いをしてもらいたいです。
 今朝は寒かったですね~。妻は朝5時におきて息子を高梁駅まで送ったのですが、車の温度計は有漢が0℃、高梁が2℃だったそうです。昨日は晩11時ころ家に戻ったら車の窓に霜が降りてました。

 朝はちょこっとイチゴハウスで炭酸ガス濃度をチェックしながら摘花をしたり。風ぐるまフェスタは子供は友達といき、私はちょっと元気がなくてパス。作業もそんないせず、ちょっとのんびり。いままでなんか役があったり、役が無くてもずっと行ってて、行かなかったのは初めてです。子供に頼んでPTAで販売してるギンナンと蒸しパンを買ってきてもらいました。おいしかったです。

 晩ごはんは隣から葉つきの大根をもらったんで、大根の葉2本分を使ってお好み焼きをつくりました。大根葉はみじん切りで、小麦粉100gぐらい、牛乳50mlぐらい、卵2個、餃子用のミンチ肉300gぐらいと塩コショウをよくまぜて、フライパンいっぱいの大きいのを2枚焼いて食べました。私はポン酢で、妻子は広島のカキソースで。韓国風?でおいしかったです。ニラやネギでもおいしいですよね。
 今朝は寒かったけど、昼はあったかかったデスね。ほとんどイチゴのハウスで、あとはタカキビを選別して直売所へ出したり、キウイを収穫したり。

 明日は晩7時から高梁市栄町商店街「ぶ・らぶ・ら市場」で高梁市近辺のニューファーマー「わいわいクラブ」の定例会です。関心がある方はどうぞ!内容は視察についてとあとは適当です。

 明後日の日曜日は「風ぐるまフェスタ2009inうかん」です。うかん常山公園で朝10時から15時半。高梁近辺からなかよし3海道(高知~米子)周辺の特産物のテントが並び、歌手の宮路オサムさんが来ます。ほかにもステージでは郷土芸能やのど自慢発表会、ダンスやコーラスキャラクターショーなどがあります。駐車場はちょっとはなれてて、駐車場からシャトルバスが出ます。駐車料金が500円必要です。雨天決行です。 去年の様子
 最近はハウスの中でのイチゴの作業がメインで、時々ブドウの作業です。朝夕はハウスの中があったかくていいけど、天気の日には日中は30度前後になり、麦わら帽子をかぶって作業することもあります。

今年のイチゴは他所は去年より開花が早く、収穫がはじまってるとこもあるけど、うちはあき姫、紅ほっぺは去年より7~10日ぐらい遅く、さちのかは去年並み。品種の差があまりありません。去年はあき姫はもう収穫してたんですが、今年はまだまだです。
1119aki 31119beni.jpg1119sati.jpg 

 写真は左からあき姫、紅ほっぺ、さちのか。一番早そうなのを撮ってます。

 晩はおでん。5年ぶり?に石油ストーブを出し、ストーブの上で煮込もうと思いましたが、時間が短くて煮込めませんでした。ゆで卵はまだ白かったです。初めての試みで軒下になってたゴーヤを入れてみました。わりとおいしかったです。
 今日は朝から冷たい雨。イチゴハウスの中でも10度以下で、日中3時間ほど加温機を動かし15度まで上げました。加温機をまわすとちょっと空気が乾燥して、灰色カビ病の予防になるかな?

 あとは、昨日堆肥を運び込んでいた2号ガラス室のブドウに堆肥を穴を掘ってやりました。堆肥はタカキビの残渣と残飯で作った5年もんくらいの堆肥です。ほかにススキだけで2年ほど積んだ堆肥、肥育農家で購入したオガクズ堆肥を4年ほど積んだものを使用してます。

 途中、献血に行きました。ここ6年間、毎年1回は献血してます。400ml献血です。いつも献血車の中で知り合いや看護婦さん?としゃべって楽しいひと時です。消防団と同じで、もし自分や家族が輸血を受けることになったときを考え、助け合いの精神ですね。

 あと、最近ちょっと気になるのは募金。地区の福祉委員なんで、毎年この時期は赤い羽根共同募金、歳末助け合い募金をお願いして地区内を回ってます。もう3年目ですが、いつも気になるのはチラシに一世帯800円以上の目標額と書かれてることです。募金は基本的には自由ですが、知ってる人が集めて回るとなんか横並びになりますよね。他所はどうなのかな?
寒くなってきて、窓際で椅子に座りデスクトップパソコンをつつくのもだんだん辛くなってきました。明日はこの辺は最低気温が1℃ぐらいの予想です。

 今日は午前中は直売所にタカキビを出したりイチゴの管理。ハウスは天気がいいと温度が一気に上がり、閉め切ってたら11時には換気扇が回り始め、11時半には34度まで上がり、あわててサイドを巻き上げました。巻き上げても30度オーバーでした。

 昼から久しぶりに家族サービスで、急きょ備前市のほうへ食事&ドライブ。12時過ぎに家を出たんで、備前市の海の駅でアナゴ丼やカキ丼を食べれたのは2時でした。うまかった~。また海産物市場の五味の市でもカキソフトやイイダコのから揚げを食べたり。カキソフトの味は??

 その後、以前から行ってみたかった長島愛生園へ行きました。昭和5年に国立らい療養所として発足し、多くのハンセン病患者が隔離された施設です。島まではわずか30mですが、偏見から橋がかけられず、昭和63年にやっと橋がかかりました。隔離は平成8年のらい予防法廃止でなくなりましたが、今でも長年の隔離の影響で多くの人がそのまま島に残ってるそうです。

nagasimaumi.jpg 歴史観で、1時間ほどビデオや展示物を見ましたが、ハンセン病で隔離された子供が親にあてた手紙、子供にうつるのが心配で早く愛生園に入りたいという親の書いた入園申込書、親戚に迷惑がかかるからと家族から送られてきた絶縁状・・・。写真の海は長島愛生園から見た瀬戸内海です。どんな思いで見たのでしょう。

 今では治療方法も確立し、一般の病院でも治療できるそうです。また、らい菌がうつっても発病することはほとんどないそうです。