岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
yomogi.jpg 今日で2月も終わり。すっかり春らしくなってきましたね。イチゴ収穫後、毎年来られる2家族がイチゴ狩りに来ました。小学生が4人、やっと歩けだした子供が1人いて、とてもにぎやかでした。

午後からはガラス室ブドウの潅水。ガラス室の中はよもぎが生えてます。昔よくおばあちゃんによもぎ餅をしてまらったことを思い出しました。体にもいいらしいですね。

228koujhakuume.jpg228sumomo.jpg 周辺の梅の花も咲き始めました。我が家の庭の小梅は咲いてますが、大きな実の梅はまだです。夕方、我が家のスモモ4本と花梨、ザクロを剪定。スモモも芽が緑色になってきました。全体に剪定が遅れ気味です。ブドウもまだ半分ほどしか剪定できてません。ブルーベリーもまだできてません。今年が一番作業が遅れてます。

 写真はよもぎ、梅の花、剪定前のスモモです。
スポンサーサイト
 今日は朝からほとんど一日中雨。でも、イチゴは昨日の好天で、今日もしっかりありました。おまけに、いつも3人でする収穫・パック詰めを2人でしたので、7時過ぎから作業を始め、パック詰めが終わったのは昼前でした。

 昼はちょっとクターとしてフィギュアスケートを見ました。キムヨナすごすぎですね~。真央ちゃんも良かったけど残念でした。

 2時ごろからイチゴの箱を折ったり、ブドウの剪定作業。ブドウはやっと半分くらい剪定したかな?枝を10cmくらいの長さに切ってるんで、ひたすらチョキチョキです。

 晩は風ぐるま市場百姓グループの総会の資料を作ったり、青色申告の準備。もうすぐですがなかなかできません。でもまだ日記書く時間があるから余裕なのかな?
224gurafu.jpgbudousentei.jpg イチゴは今シーズン最高収量を記録。風ぐるま市場も定休日でハウスで直売後、いろんなとこに売って回り、なんとか完売。午後はイチゴ狩りも5人着ましたが、私はPTAの会合があったので、他のメンバーに対応してもらいました。

 PTAは中学校の学年委員をしてますが、昼と晩とのダブルヘッターでした。昼は学校保健委員会、晩は役員会。合間にブドウの剪定。ブドウは枝を10cm間隔ぐらいで切ってるんで普通の5倍くらいチョキチョキしてます。豆ができ、手も疲れ、右手左手交代で作業してます。

 写真はイチゴも毎日の収穫量のグラフとブドウの棚下の写真です。
 今日もイチゴは大漁?で、販売が終わって家に戻ったのは1時過ぎ。またウエルカメが見れませんでした。ストーリーはどうなってるんだろう?

 午後からはブドウの剪定。2年前から剪定枝を10cmくらいにカットしてそのまま棚下に落としてます。去年のもまだ分解せずにそのままあるけど、いつかは分解するかな?葉っぱは翌年には見えなくなってます。棚下はブドウ園と言うより山の木の下に近い状態になればいいな~と思ってます。

 途中、ある人に電話。話してると急に怒ってきて、私も少し頭にきて、しばらく、カリカリしながら剪定してると、わりと作業がはかどりました。ラジオも聞かずに作業してるんで、いろいろ考え事をしてしまいます。
 今日は平成22年2月22日、もうすぐ22時22分22秒・・・・。11年11月11日11時11分11秒は何してたかな~?

 ここ1週間近く、毎日イチゴが30キロ以上あり、午前中は収穫、販売に追われてます。

 午後からは翌日のイチゴの箱を組み立てたり、ブドウやモモの剪定をしたり、消防団からの住宅火災警報機を配ったり、中山間直接支払の実績報告を役場に提出したり・・・。

 住宅用火災警報器は担当地区15戸に配布し、受領印をもらい、付け方を説明したり、自分で取り付けれないお年寄りだけのとこでは、家に上がってネジを打ち込んで取り付けまでしています。煙式で、寝室に取り付けて、煙を感知するとブザーがなって、目覚まし時計のような感じです。消防法で寝室と階段の上は義務化になるようです。火事による死亡者が少しでも減ればいいですね。
220beniaki.jpg 今日もイチゴはしっかりととれ、昨日に引き続きお客さんも多く、明日も注文が多く、うれしい状況です。こんな日が続いてくれればいいんですけどね~。

 夕方、NPO法人夢風車うかんの、グリーンツーリズムの研修会に参加しました。講師はNPO法人CDM JAPANの2名で、研修の前にイチゴのハウスにも来られ、少し話をしました。ほかにも町内のいろんなとこを見て回ったようです。

 研修の内容は、まずコスタリカのモンテベルデの取り組みについて。いきなり海外の事例で、研修に来てたのは高齢者が多く、ついていけたかな?なんと保護区のガイドは10名弱で給料は月50万くらいだそうです。ちなみにコスタリカの平均は月12~13万だそうです。

 次に講師が変わって、身近な話。グリーンツーリズムの資源は第一に人、そして自然、農業、古民家、歴史・分化・・・だそうです。具体策はUターンの活用、呼びかけが重要のようです。

 高梁地域の新規参入者を中心にした組織「わいわいクラブ」でもグリーンツーリズムをずっと勉強してますが、農業経営で精一杯で、なかなか実践できません。でも、農園にイチゴやブドウを買いに来たり、イチゴ狩りやぶどう狩りもグリーンツーリズムかな?

 写真は1号ハウスで左は紅ほっぺ、右はあき姫です。
 ここ2~3日、イチゴの収穫の割りにお客さんが少なく、販売に苦労してます。農協出荷ならいくらとれてもいいんだけど、うちは直売がメインで、たくさんあるときは直売所でも売れ残ったり・・・。親戚や友達に送ったり、買ってくれそうなお客さんに宣伝をかねて電話したり、持って行ったり・・・。押し売りではありません。

 毎朝収穫したのを売って回って、昼ごはんは2時ごろから食べてます。でも、今日は送りとか注文も何件かもらったんで、明日からは少し楽になるかな?

 イチゴが無ければ無いで心配だし、ありすぎるのも大変です。ここが直売の難しいとこですね。3月になるとイチゴがちょっと減ってきそうで心配です。

 ブドウの剪定も始めました。ずっとやってると手が疲れるんで、これから10日間ほどかけてチョビチョビ剪定します。
216himawari.jpg 今日はイチゴ狩りの団体予約があり、1号ハウスは収穫せず。2号ハウスのみを収穫して、パック詰め、販売から戻り、しばらくするとかわいいお客さんが来園。毎年イチゴ狩りに来る町内の幼稚園に入る前の子供たちとお母さん方です。今年は二組に別れ、今回は19名で、3月には約40名来られる予定です。

 今はイチゴがしっかりなってんで、食べても食べても減らない様子。お土産も自分で収穫してもらって帰られましたが、帰った後もまだまだ赤いのがぶら下がってます。今週の平日はイチゴ狩り大歓迎です。週末、3月はちょっと心配かな?要予約です。

 写真はイチゴ狩りの様子とイチゴ狩りの後の様子です。
214akibeni.jpg214satibeni.jpg ここ10日ほどイチゴがちょっと増えてて、朝7時半から3人で収穫、パック詰めをしてますがパック詰めが終わるのが10時頃です。昨日までは注文も多く助かりましたが、今週は注文が減ってて、ちょっと販売が心配。といっても明日は大人子供で20人ぐらいイチゴ狩りにくるんで、1号ハウスは収穫しません。大きいのもたくさんあって、しっかり食べれると思います。

 収穫、販売後は摘果や古葉とり。ここ3~4日のぐづついた天気で葉いい色カビ病が増えてます。収穫しててももったいな~ってのがたくさんあります。灰カビで摘果するのも多いし、2~3週間前から花が少ないので、これからは徐々に収量が減ってきそうです。

 そろそろ、ブドウの剪定も始まるし、中山間直接支払制度の報告や申告準備、なにかと忙しくなりそうです。「お~い竜馬」はマンガ23巻で残すとこ1巻。ドラマの「竜馬伝」とはだいぶ違いますね~。特に河田小龍先生は全然違いました。マンガを先に読むとドラマはちょっと物足りないですね~。
 
 写真は1号ハウス(左あきひめ、右紅ほっぺ)、2号ハウス(左さちのか、右紅ほっぺ)です。
 今日はイチゴ収穫後に、全ハウスにエコピタ液剤100倍、重曹1000倍、玄米アミノ酸1000倍液を計200L散布。前年11月7日の防除以降、1号ハウスは重曹だけで農薬は散布してませんでしたが、1週間ほど前から小さな白い虫(オンシツコナジラミ)が見えだしたんで、今シーズン初めてエコピタを使いました。防除記録はこちら

 エコピタは去年、一昨年はずっと重曹といっしょに散布してましたが、意外と高くつくんで、今シーズンは使ってませんでした。成分は還元澱粉糖化物でハダニやコナジラミ、アブラムシの気門を塞いで窒息死させるそうです。

 午後からは3号ガラス室10aのブドウの潅水。ガラス室は夏場の降雨に対しては水分コントロールできて、病気も抑制できていいですが、年間通して定期的に潅水をしないといけないのが面倒です。