岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  今朝もブドウとイチジクを収獲し直売所へ出荷。イチジクはホワイトゼノアがわりととれました。

 あとは、ほとんど一日中イチゴのハウスにいました。ランナーの固定、芽かき、葉かき、果柄折れ対策など。昨日入れたレンタルの西洋ミツバチがもうイチゴの受粉をしてくれてました。最初はなかなか環境になれず、イチゴの花にもなかなか来ずに、花に来るまでに2~3日かかることもあるのですが、今年のハチは早いです。去年もうちに来た群の子孫かな?
1031hati.jpg

 花にとまってる写真がなかなかとれず、上の写真は花びらが散ったあとの花托の花粉を集めてます。これからどんどんイチゴが大きくなっていきますよ~。日が照るとハウスの中は暖かく、ミツバチもブンブン飛んでますが、日が陰ると巣箱に戻り静かになります。たまに寒さで動けなくなるハチもいます。

 晩は7時から風ぐるま市場百姓グループの役員会がありました。役員も会員も年々高齢化してきていて、当面の販売体制のことと、将来的なことの話も出ました。風ぐるま市場での売上は去年より伸びているのですが、売り場に出てくれる人が減っています。私も栽培や販売のほうが忙しくて、なかなか売り場に出れないので、低賃金で売って頂いてる方に申し訳ないです。
スポンサーサイト
  今朝は少しブドウを収穫して真庭市の醍醐の里へ出荷しました。
1030sekiro.jpg

 帰りにとなり町のいちごっ娘農園を訪問。コーヒーをよばれながらイチゴやブドウの話。イチゴはうちと同じように章姫、紅ほっぺ、さちのかの3品種植えてますが、うちより株は大きいです。でも花はうちのほうが早いようです。

 午後からは昨日と同様に、果柄折れ対策とマルチ。夕方、養蜂家の方がレンタルミツバチを持ってきてくれました。去年は10月31日に入れたので、去年より1日早いです。イチゴの花は章姫は去年と同様で咲き始めですが、紅ほっぺ、さちのかは去年より早くて花芽が見えます。去年の日記です。
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/blog-date-201110.html

 イチゴの花は少ないですが、ハウスの周りではセイタカアワダチソウがたくさん咲いてるのと、タカキビの遅れ穂の花も咲いてるので、ミツバチはせっせとハウスの外に花粉や蜜を集めに行くと思います。巣箱には蜜もたくさん残ってるそうで、いつものように蓋を開けて糖蜜の給餌はしませんでした。ですんで、巣箱の中の写真は無し。窓からの様子です。窓は巣箱の運搬中は開けてましたが、巣箱をセットして巣門を開けたら閉じます。
1030miutubati.jpg

 今年は養蜂家の方は親子で来られました。年配の方でしたが若い方があとを継いでくれそうで安心です。ミツバチがいないとイチゴはできないですからね~。最近は受粉用のハエもいるそうですが・・・。

 これからは人間同様、ミツバチのことを考えながら温度管理、農薬の散布をします。特に高温には注意です。5月末まで、7ヶ月もビニールハウスの中で一緒にがんばります。

 タカキビも収穫時期になってきました。まだ開花してるのもあるので、倒れなければ霜がきて枯れてから収獲します。
1030takakibi.jpg
  今日はブドウを少し収穫して送りや風ぐるま市場へ出荷。今日の詰め合わせです。
1029tume.jpg

 赤いのはしっかりありますが、緑の品種がいいのが無くなってきました。アレキサンドリアも終了です。今のブドウの様子はホームページで随時更新してます。
http://www.kibi.ne.jp/~kazunko/kajyu.htm


 午前中は1号ガラス室の草削り。1号ガラス室はとなりの方が草生栽培でないので、草生栽培にはしてません。年5~6回草を削りますが、草刈より大変です。瀬戸ジャイアンツとピオーネが少し残ってます。
1029kusakeduri.jpg

 そして2号ガラス室のかん水。シャインマスカットがもう少し残ってます。
1029syain.jpg

 2号ガラス室周辺にはセイタカアワダチソウがたくさん咲いてます。ニホンミツバチも来てます。外来雑草で、以前は花粉症の原因になると嫌われてましたが、蜜源にもなるし、よく見れば綺麗な花ですよね。花粉はそんなに遠くまでは飛ばないそうで、花盛りに草刈をしなければ花粉症は大丈夫なようです。
1029mitubati.jpg

 午後からはイチゴの果柄折れ対策とマルチ。昨年果柄折れが多く、大きな実をだいぶ捨てたんで、少し工夫しました。針金を曲げて、プランター横の果柄折れ対策用のビニールとチューブが少し持ち上がるようにしました。今までにマルチしたとこは改善してないので、どれくらい効果があるか比較になります。

 果柄折れ対策完全用の針金。こんな風に切って曲げます。
kaheioretaisakukanagu.jpg

 プランターに刺して、ビニールを持ち上げるようにします。
1029kaheioretaisaku.jpg

 その上からマルチをするとこんな感じになります。果柄折れになると甘くなりませんが、あまり果柄折れ対策で棚を横に広げると通路が狭くなったり、マルチの上にいちごが乗って、マルチにあたったとこが傷んだり色がつきにくかったりするので、微妙な感じです。
1029maruti.jpg

 晩は久しぶりに、まちづくり町民大学に参加しました。高梁市有漢地区選出の二人の議員、吉備国際大学の先生、質問者の話しなんかを聞かせてもらいました。テーマは少子高齢化対策、農村公園や常山公園のこと、消防のこと、子育てのことでした。

  今朝は小雨。ブドウを収穫して風ぐるま市場へ出荷。あと、イチジク、黒豆の枝豆、柿を収穫して、昨日津山の妻に実家でもらった野菜や米も積んで、倉敷の実家や親戚に持って行きました。

 黒大豆の枝豆は今シーズンは終わりです。もう莢が黄色くなってきて、豆も黒くなりつつあります。今度は12月に黒大豆として収獲します。無農薬、無肥料ですが、ま~ま~の莢がついてます。
1028kuromame.jpg

 倉敷の実家で少しのんびり。昼からはなでしこリーグの湯郷ベルとINAC神戸の試合を見ました。シュートは湯郷ベルのほうが多かったですが、1対4で完敗で残念でした。試合後半はどしゃ降りで、倉敷は試合が終わって1時間ほどしてどしゃ降りになりましたが、15分くらいで止みました。

 雨が止んでから帰宅。高梁川を上っていきます。時々夕日で川が光ってきれいでした。
1028takahasigawa.jpg

 高梁川沿いの山も少しづつ色が変わり始めてます。妻が助手席で妻の携帯電話カメラで撮った写真です。私の携帯で撮ったのよりきれいです。 
1028takahasigawa2.jpg


  今日はブドウをしっかり収穫。注文も多く、醍醐の里にも出荷しました。

 ぶら下がってるのはアレキ、セキレイ。かごの中はロッソ、紅鳩、アレキなど。
1027arero.jpg

 かごの中はセキレイとアレキ、オーロラブラック。
1027sekiare.jpg

 シャインマスカットは悪い房から良い粒だけをとって、小袋に300g入れて直売所に出荷しました。パックに入れるよりかさばりませんが少なく見えます。売れるかな?
1027syain.jpg

 醍醐の里へ行く途中に山を超えますが、10時頃ですがまだ雲海が少し見えました。
1027idono2.jpg

 津山の妻の実家に米をもらいに行き、少し足を伸ばして那岐山に行きました。麓の山の駅で黒豆アイスを食べたり、米粉でつくったシフォンケーキを買いました。どちらもおいしかったです。

 紅葉を見ようと思って菩提寺まであがりましたが、大銀杏の黄葉はまだでした。でも久しぶりに見る大銀杏は神秘的です。
1027ityou7.jpg

 右下にいるのが私です。
1027ityou.jpg

 枝もこんな感じで伸びてます。
1027ityou5.jpg

 薄曇りでした。紅葉はこれからという感じ。
1027nagi.jpg

 途中、展望台があり上ってみましたが、結構登り降りがあり、やっと着いたけど視界はいまいち。おまけに近くにニホンミツバチ?の巣があり、たくさんのハチが出てきたので慌てて戻りました。那岐山麓は岡山県北部でもっとも農業の盛んな地域です。以前このへんで働いてたことがあるのでとても懐かしいです。
1027nagiten.jpg

  今日はブドウとイチジク、そしてミニトマトを少し収穫して直売所に出荷。ミニトマトは小さいので収穫が大変ですね。ヘタがとれたりしてなかなか上手に収穫できません。
1024tomato.jpg

 そして、昨日3人で張った内張りを微調整して、てっぺんを固定しました。広げるとこんな感じ。1号ハウスです。広げてサイドやてっぺんの中心線をあわせてから巻き上げててっぺんを固定します。
1026utibari.jpg

 巻き上げるとこんな感じになります。2号ハウスです。2ハウスのてっぺんを止め終わったのは12時。脚立に上がって固定しますが、ハウスの上の方は暑くて、汗をかきました。
1026makiage.jpg

 2重にすると保温性が良くなり、加温機の燃料がだいぶ節約できます。寒くなると夕方に広げて、朝巻き上げます。今度はサイドを2重にして、加温機のダクトを延ばして、5度以下になると加温機が動くようにセットします。

 午後から葉かき、芽かきを1列して、3時過ぎから急きょ、うどんこ病の防除をしました。ストロビー3000倍に重曹を1000倍で混ぜて散布。今年はうどんこ病がなかなか完全に治まりません。今頃がうどんこ病が一番出やすい時期で、今完全に抑えとくと収穫時期にほとんど防除の必要がないけど、今完全に抑えられなければ収穫中もずっとうどんこ病と付き合わなくてはいけなくなります。

 防除は朝するほうが良いと思うのですが朝は毎日ぶどうの収穫が忙しくて、いつも昼前になります。ストロビーは散布後高温になると薬害がでることがあるので、ちょっと涼しくなってから散布しました。ストロビーの有効成分は食用にもなるマツカサシメジから分泌される物質だそうです。マツカサシメジが生育範囲を守るため他の菌を抑えるのにストロビンAという物質を分泌するそうです。

 一概に農薬といってもいろいろあります。同じタイプの農薬を連用するとうどんこ病やハダニなんかは抵抗性がつきやすいので、いろんなタイプの農薬をローレーションで使う必要があります。重曹は農薬ではないですが殺菌効果があり、うどんこ病の治療効果があるので、時々農薬などに混用して散布し、農薬の使用回数を減らそうと思ってます。

 近所のイチゴを見学に行き、赤そばも見てきました。まだきれいです。
1026akasoba.jpg
  今日のブドウ。早くから注文が入ってた特別注文で大箱になるべくたくさんの品種を入れました。あまり良いふさばかりではないですが、11品種入ってます。これを2箱作りました。1箱5.3キロありました。1品種ラベルを貼ってませんが、緑はシャイン、アレキ、瀬戸、ビアンコ、翠峰、赤はセキレイ、ロッソ、紅鳩、黒いのは藤稔、ピオーネ、オーロラブラックせす。これだけ揃うのは今年最初で最後です。
1025budou.jpg

 もうセキレイとロザリオ・ロッソ以外はまともな房はほとんどありません。でも3級品はたくさんあって、どうやって売ろうかな?

 あとは、今日もずっとイチゴの管理。先週注文してた内張りビニールが昼前に届いたので、急きょ3時から農園の男性メンバー3人で長さ63mの大きなハウス2棟の内張りを張りました。

 内張りを張るのは3回目。慣れてはいますが、みんな年を取ってだんだんえらくなってきました。私は40代ですが、あとの二人は60代後半と70代後半。でもなんとか2時間弱で大方できました。あとの微調整やてっぺんをとめるのは明日独りでします。
1025utibari.jpg

 5年間使った内張りはだいぶ汚れてましたが、新しいのはきれいです。今年は内張りをほとんど張りっぱなしでも日射量は大丈夫のような気がします。でも外張りは5年目ですごい汚れてます。来年交換予定ですが、自分たちでできるかな?

 ビニールを購入した業者の方と話すと、最近は高齢のため自分で張替えができず、ビニールの張替えの依頼が増えてるとのこと。うちがビニールハウスを建てた9年前に比べ、ビニールの値段は1.3倍、鉄骨は1.5倍くらいになって、光熱費もうちの場合1.6倍位になってます。イチゴの単価は変わらないので、だんだん経営は厳しくなって、イチゴを止める農家も多いようです。
  今朝はブドウとイチジクを収穫。今日のブドウの詰め合わせはこんな感じ。左下は3級品バラ詰めで、1箱に3キロ以上入ってます。シャインマスカットはケーキ屋さんにも出荷しました。
1024okuri.jpg

 今のブドウはこんな感じ。3号ガラス室は残り4割程度。セキレイはまだまだたくさんあります。通常の3割程度の減農薬栽培でシャインマスカットはハダニの被害が多発してます。
1024toki.jpg

 1号ガラス室は今日水やりをしました。瀬戸ジャイアンツ、ピオーネがまだ残ってますが、もう良いのは無いです。
1024seto.jpg

 あとはずっとイチゴの管理。幸の香の芽かきや葉かきをしてます。脇芽やドロ芽、古い葉が残ってると病気や虫が発生しやすいし、花芽も増えますが、粒が小さくなり摘果も大変になります。
1024mekaki.jpg

 草や苔も生えてます。特にゼニゴケはほっとくとすごく広がるので見つけ次第きれいに剥ぎとってます。マルチをすれば苔とり、草とりはだいぶ楽になります。
1024kusakoke.jpg

 きれいにした後にマルチ。さちのか1列と半分しました。さちのかにもちらほら花芽が見えます。今年は早い?
1024sati1.jpg

 横から見るとよくわかります。1号ハウスです。手前から幸の香、紅ほっぺ、章姫、紅ほっぺ、章姫・・・。紅ほっぺはランナー苗増殖中。
1024sati12.jpg

 2号ハウスです。手前2列は幸の香、3列目は紅の幸(幸の香のような紅ほっぺ)、マルチをしてるのは紅ほっぺ。紅ほっぺは欠株が多いのが良くわかりますね。
1024sati23.jpg

 朝晩はだいぶ寒くなって来ました。そろそろ内張りや加温機のダクト、寒さ対策も始めないと・・・。マルチも人間にとって毛布のような感じ?土の最低温度が少し暖かくなります。

 昨日から始まったドラマ「遅咲きのひまわり」、おもしろかったです。主人公は地域おこし協力隊で東京から高知県四万十へ。高梁市も地域おこし協力隊の方がいますよ~。対象地区は山間地で今2地区決まってるようで、まだ募集があるかも?http://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/10088
  朝は雨でした。ブドウは急ぎに注文はないし、直売所も雨の時はあまり売れないので、今日は久しぶりにぶどうの収穫は無し。毎日の品種別収穫量のグラフです。上が平成24年。11月中旬まで収穫が続く見込みです。
1023budousg.jpg

 朝は少しコタツでのんびり。8時過ぎからイチゴの苗の補植や葉かき、芽かき、ランナー苗の固定など。雨の日は補植に向いてます。昨日までにマルチした2号ハウスの紅ほっぺの欠株のとこへ1号ハウスのランナーを固定して少し根の出た苗を植えていきました。

 1号ハウスでランナー苗を固定して根が出たのを2号ハウスに植えてます。これは根が伸びすぎ。長年不耕起で切り株の残った土に植えるのは大変です。
1023beninae.jpg

 1号ハウスの紅ほっぺはこんな感じ。マルチは一番後回しで、ランナー苗を増やしてます。マルチをしてるのは章姫です。
1023beni1.jpg

 2号ハウスの紅ほっぺです。昨日の写真と比べてください。欠株だったとこに小さな苗が植えられてます。
1023neni22.jpg

 明日からは幸の香4列のマルチ予定です。幸の香は1番良い感じです。過去8年イチゴを作りましたが、苗が良くても収量はあまりなかったり、苗が悪くても終わってみれば良かった年もあります。今年の苗は過去最悪ですがどうなるかな?


  今朝も霧が濃かったです。8時頃までは太陽も見えないくらい。ブドウは送りが少しと直売所少し。最近ネットでの注文がチョコチョコあります。ありがたいです。シャインマスカットは良いのはなくなりましたが、お徳用はまだしっかりあります。セキレイ(赤嶺)は良いのもしっかりあります。セキレイはジベレリン処理をしてなくて種がありますが、種は小さく皮も薄いので、まるごと食べるのがお勧めです。

 赤いのがセキレイです。
 1019setoseki.jpg

 ブドウ出荷のあとはイチゴの防除。うどんこ病が少し見られるので、フルピカフロアブル2000倍、それとダニサラバ1000倍、重曹1000倍、玄米アミノ酸2000倍を混用して散布しました。

 あとはハウス周りの溝をあげたり、イチゴの葉かき、マルチ、苗の補植など。

 1番苗が不足してる2号ハウスの紅ほっぺをマルチしました。苗がないとこはこれからランナー苗を固定したり小さな苗を植えていきます。紅ほっぺも花が咲き始めましたが、小さな苗はいつ頃収穫できるかな?
1022beni.jpg

 ソバが収穫時期になってきましたが、収穫できるかな?
1021soba.jpg

 庭にはあちこちにツワブキが咲いてます。茎は佃煮にもできます。茎や葉、根茎に薬効があり、健胃、魚の食中毒、喉の腫れや痛み、おでき、しもやけ、切り傷、軽い火傷に用いられるそうです。
1022tuwabuki.jpg

 なぜか夏からず~とラベンダーがポロポロと咲いてます。ミツバチが喜ぶと思って植えたんですが、ミツバチは来ないですね~。
1022rabe.jpg