岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  今朝はイチゴとイチジクを収穫。と言ってもイチゴはたった3粒。家で食べます。今息子は名古屋で、家族は3人ですんで1人1個です。紅ほっぺ1個と章姫2個。紅ほっぺはでかいのでじゃんけん1番勝ちかな?
1130itigo.jpg

  イチジクを2パックだけ風ぐるま市場に持って行き、ふるさと市場に持って行ってもらいました。イチジクは街中のほうがよく売れます。

 出荷から戻ってイチゴの防除。あいかわらずオンシツコナジラミがいるので、重曹1000倍液、玄米アミノ酸1000倍にエコピタ液剤100倍を混用しました。エコピタ液剤はでんぷん還元等価物に界面活性剤で洗剤のようなものが入ってて、混ぜてると泡がよくたちます。

 休憩後は1号ガラス室のブドウの葉を落として、管理機で軽く耕うん。アレキサンドリアの葉はなかなか落ちませんが、瀬戸ジャイアンツやピオーネ、シャインマスカットは放っておいても自然に落葉します。軽く枝を揺すって葉を落としました。
1130sintaku2.jpg

 熊手で隅の方や通路の葉を少し寄せて、米ぬかを3キロほどまいて、管理機で軽く耕うん。土と混ぜて、葉が飛んでいいくのを防ぐのと、分解を促進します。他の方はみんな園から葉を出して燃やしてます。1号ガラス室は1棟だけ借りてつくってるので、風で隣に葉が飛んでいかないように早めに作業。明日はかん水予定。うちで管理してる他のガラス室は草生栽培で、落ちた葉はそのままです。
1130sintaku.jpg

 ロケットストーブを少し改良。焚口がステン管だけだと光熱で傷むのが早いので、小さなオイル缶で囲いを作り、中に断熱材を入れようと思います。
1130roketakiguti2.jpg

 こんなの作るのに、割と時間がかかりました。イチゴの作業が遅れ気味です。
1130roketakiguti.jpg

スポンサーサイト
  今日は最後のブドウと、トマトを少し収穫して風ぐるま市場へ出荷。ブドウは先日の低温で葉や軸がやられました。もう少し早く収穫すれば良かったです。風ぐるま市場でブドウとトマトを出してるのはうちだけです。
1129budou2.jpg

 風ぐるま市場から高梁市街中のふるさと市場に12コンテナほど運搬しました。途中のお食事処にも注文分を持って行き、農協でお金をおろし、アイスクリームの支払いをしたり、風ぐるま市場で使う灯油を買って帰ったり。白菜がたくさん。白い箱のなかは安納芋です。
1129poruka.jpg

 今日の作業はイチゴの摘花など。早く咲いた章姫を摘花しました。摘花と言っても、花が咲く前のつぼみを摘んでます。摘花前はこんな感じ。
1129tekikamae.jpg

 摘花後はこんな感じ。株を見ながら考えながら、適当に軸の細いつぼみを摘んでます。
1129tekikago.jpg

 3時にペール缶のロケットストーブを点火しました。紙を使わずにガスバーナーで点火。すぐ勢い良く火が吸い込まれていき、ドラム缶ロケットストーブより良い感じ。お湯は15分ほどで湧きました。
1129roketaki.jpg

 途中からこんな太い枝も燃やしました。動画もどうぞ
1129rokemaruki.jpg

 途中火が弱まり、煙突から白煙が・・・。ハウスの中はこんなに煙たくなりました。1時間ほど燃やしてCO2濃度は1200ppmオーバー。
1129rokekemuri.jpg

 焼き芋は当初2段目のペルー缶の中で作る予定でしたが30分しても全然焼けてなくて、焚口に変更。動画もどうぞ
1129rokeyakiimo.jpg

 20分ほどで良い感じになりました。コーヒーと焼き芋で1時間の休憩・・・。
1129rokeyakiimo2.jpg
  今朝は寒かったですね。0度くらいに下がったかな?大霜でした。ブルーベリー園はこんな感じ。下草のクローバーがが霜でシャリシャリになってます。加温機の灯油はだいぶ減ってて、農協に給油してもらいました。
1127bb.jpg

 今日はイチジクを収穫して風ぐるま市場へ4パック出荷。1パック200円なんで、これじゃ生活できないですね~。イチジクとトマトは加温して最低気温が5度以下にならないようにしてますが、今朝は4度くらいまで下がってました。直売所の帰りには、臨時総会の案内を担当地区の会員に配って回り、ついでに散髪もしました。

 あとは、ビニールハウスでずっとイチゴの管理。昼は良い天気で、久しぶりにサイドビニールをいっぱいに巻き上げました。

 イチゴはポツポツ赤くなりかけてます。早生品種の章姫です。
1127akihime2.jpg

 紅ほっぺです。明日は私の口に入るかな?
1127beni (2)

 全体を見ると出荷はまだまだ先。1号ハウスです。正面は紅ほっぺ。左が幸の香、右が章姫です。1号ハウスの幸の香は1番苗の揃いが良かったですが、開花は1番遅れてます。
1127beni.jpg

 2号ハウスです。正面は親株更新してない幸の香のような紅ほっぺ。左は幸の香。右は紅ほっぺですが、紅ほっぺの1列は苗が足りなかったとこに章姫や幸の香を植えてます。イチゴ狩りの予約は人数で1列とか2列、大人数なら1ハウスとか収穫せずに残しておくので、少人数の時はいろいろ植えてる列を食べてもらおうと思ってます。
1127benisati.jpg

 夕方から庭に積んであった庭木の剪定枝を燃やしました。灰をロケットストーブの燃焼塔の残熱剤に使おうと思ってます。

 今日は夕焼けがきれいでした。明日は曇りだそうです。
1127yuuyake.jpg


  今日は何も収穫せず、朝7時からビニールハウスでイチゴの管理。ひたすら芽かきや葉かき。一通り終わったら今度は摘花。地道な作業です。

 3号ガラス室のブドウの水やりもしました。冬のブドウ園は寂しいです。これから葉が落ちて、毎年2月下旬に剪定。それまでに仮剪定します。水やりも2週間おきくらいにしますが、冬の水やりは辛いです。
1127toki.jpg

 取り忘れのセキレイ。まだしっかりしてます。まだシャインとセキレイがあわせて5房ほど残ってました。
1127sekirei.jpg

 ビニールハウスの加温トマトはまだ収穫中です。でもなかなか赤くなりません。2~3日おきに収獲します。
1127ootoma.jpg

 ベリートマトです。イチゴのような形をしてます。ホウズキみたい?
1127toma.jpg

 イチジクとトマトが入り組んでジャングルのようです。
1127tomaitiji.jpg

 イチゴが少しずつ赤くなってきたので、パック詰めをする作業台の片付けや収穫カゴを洗ったりしました。そして、暖かく作業ができるように、ペルー缶のロケットストーブ製作中です。焚口と煙突はこんな感じに継ります。
1127peruroke.jpg

 切断砥石をつけたグラインダーで切れ目を入れて穴を開けて曲がったエビ缶を通します。
1127peruroke1.jpg

 もひとつのベルー缶は底に煙突が通る穴を開けて、煙突を通してふたをする感じ。一般的な作り方と少し違います。
1127peruroke5.jpg

 煙突は長いまま残して、ヤカンは上から吊るそうかな?長すぎてお湯が温まらなければ短くします。ビニールハウスの中でも排気を外に出さずに使えるように、完全燃焼できればいいんですけどね~。火事と一酸化炭素には要注意です。
1127peruroke6.jpg

 下のペール缶に灰やパーライトなんかを入れて、その上で焼き芋なんかができないかな~なんて思ってます。詰めようと思ってた灰が昨日の雨でベチョベチョなんで、灰が乾いてから入れようと思ってます。
1127peruroke7.jpg

 ペール缶のロケットストーブは被災地で活躍してるようです。もし、災害で電気や灯油も使えなくなったらって時のために作っておくといいかもしれませんね。燃やすもの小枝や廃材。まわりにいくらでもあります。使うのが楽しみです。


  今朝は雨でした。イチゴハウスへ行き、制御盤を雨モードに変えて、少し作業。風ぐるま市場へちょっと事務で行って、8時半に認定農業者の視察研修のバスに乗りました。参加は13名で、平均年齢は60代後半?私が一番若いです。今回のメンバーはみんなブドウ農家でした。

 毎年、この時期から冬の間に視察研修に行ってますが、今年は久米南町へ。農道を東へ東へと行き、山を上って到着したのは農村型リゾート治部亭。眺めの良いとこですが霧で真っ白でした。
1126jibu.jpg

 生産者や役場、農協の方からブドウやユズの話を聞きました。後継者が少なく、高齢化してるのはどこも同じですが、10年ほど前から新規参入者が7名地域に入ってきてて、就農希望者も増えてるようです。荒廃した園地を再生したりもしてるそうです。ユズも加工に力を入れ、順調に増えてるようです。

 昼は美咲町の紅そば亭で、ソバや赤米のおにぎりを食べました。名前は紅そば亭ですが、紅ソバは貴重で価格も高いので、食べたのは普通のソバでした。
1126benisobatei.jpg

 紅そば亭はこんな山間にありますが、上にはもっと田んぼが広がっていて、日本の棚田100選に選ばれてます。そこまでは行く時間がなくて残念でした。
1126tanada.jpg

  ブドウがやっと無くなったので、今日はイチジクとトマトだけ収穫して風ぐるま市場へ出荷。どちらもちょびっとです。
1125syuukaku.jpg

 トマトは今こんな感じ。保温してるので葉はまだ元気。葉がダメになると美味しくないです。
1125tomato2.jpg

 イチジクはこんな感じ。下葉が枯れてきました。いつまで収穫できるかな?
1125itijiku.jpg

 イチゴは章姫がポツポツ色づいてきました。1個収穫して食べてみました。この時期の章姫はまだちょっとあっさりした感じです。
1125aki3.jpg

 昨日、一昨日と高梁地紅茶まつり、明日は認定農業者の視察研修で、なかなか管理ができないので、今日はずっとイチゴの芽かき、夕方はイチゴの補植をしました。昼はハウスの中は暑かったですが28度を越すと換気扇が回り始めるので夏のようなことはないです。

 ついにフェイスブックを始めましたが、まだよくわかりません。ちょっと不安です。
  今日もブドウを少し直売所に出荷。これで最後かも?シミがきた瀬戸ジャイアンツ、しわしわのアレキサンドリアも販売。見かけは悪くても甘いですよ~。

 そして、高梁地紅茶まつり2日目に行きました。今日も曇り空で少し小雨が降ったり。でも、たくさんの紅茶ファンが来られました。
1124kafe2.jpg

 ステージでは神楽やミニクラッシックコンサートもあったり。
1124kafe.jpg

 私は特に役はなく、午前中は磯淵先生の講演を聴きました。インドやイギリスの紅茶、中国のプアール茶の話しなど、最初どう国産紅茶の未来につながるのかと思いましたが、最後は日本の食生活にあった地紅茶はまだまだ伸びるというような話でした。会場を出ると磯淵先生の本を買ってサインをもらう人が行列になってました。

 講演が12時をまわり、友だちと話してたら、外のテントで販売してるB級グルメのインディアン焼きそばや備中牛ハンバーガーなど温かい食べ物はすべて売り切れてて、タカキビのキビ団子を買って、温めてもらって食べました。お店の方とタカキビの話もしました。高梁地域の特産を使った加工品がもっと増えればいいですね。
1124kibidango.jpg

 午後からもセミナーに参加。美味しい紅茶の入れ方は満席で、立ち見でした。水から沸かした95度のお湯を注ぐのがポイントのようです。硬水や軟水など、水の種類でも色や香りが違ってくるんですね。左に立ってる方が人生の楽園に出た藤田さんです。
1124semi2.jpg

 頂いたのはウバという紅茶で、とても香りが良かったです。
1124semi.jpg

 2つ目のセミナーは「抗酸化作用とファイトケミカルズ」というちょっと難しい演題で、私は前の席に座って先生の質問に答えたり寸劇で酵素の役をしたり、バナナ入り紅茶ゼリーを頂いたり。あまり上手なコメントができずに少し反省。イチゴやブドウも抗酸化力はありますが、バナナが一番高いようです。でも、紅茶ゼリーとの相性はバナナはいまいちかな?って感じでした。カブと高梁紅茶のスープはおいしかったですが紅茶の色や香りはわかりませんでした。もっと研究が必要ですね。

 地紅茶についてしっかり勉強させていただいた二日間でした。実行委員会長の藤田さん夫妻、スタッフの方、本当にお疲れ様でした。とてもすばらしいイベントだったと思います。
  今朝はブドウとイチジクを収穫。イチジクはこの時期でもわりと採れてます。
1123syultuka.jpg

 風ぐるま市場へ出荷から戻り、イチゴの管理を少しして、高梁地紅茶まつりに出かけました。朝は少し雨がポツポツしてましたがそんなに降らなくて良かったです。
1123asa.jpg

 少し受付の手伝いもしてましたが、ほとんどふらふらしてました。
1123koutyaan.jpg

 500円払って紅茶カフェにいきました。9種類の地紅茶が飲めるのと、地紅茶に合う高梁のスイーツが食べれます。さすがに9杯は飲めないので、1種類カップ1/3ぐらいづつ飲みました。どれがおいしいかアンケートがありましたので、香りや味を比べながら飲みましたが、高梁紅茶も私の中では上位3点の中に入っています。
1123koutya.jpg

 お菓子はクッキー、柚餅子、甘納豆、ピオーネのセミドライです。紅茶を味わうにはちょうどいいくらいでした。
1123koutyakasi.jpg

 全国の地紅茶や地紅茶を使った加工品、地元高梁のお菓子なんかも販売してます。紅茶ジャムなんかもありました。
1123koutyahan.jpg
  
1123koutyahan3.jpg

 開会式やシンポジュウムにも参加しました。シンポジュウムは地紅茶の生産者の方が中心で、話がちょっと難しかったですが、勉強になりました。
1123koutyasin.jpg

 明日は9時半から特産品販売、10時から15時半まで地紅茶カフェ、10時半から12時まで紅茶研究家の磯淵さんの講演、午後からは地紅茶セミナー、随時備中神楽やクラシックミニコンサートがあります。是非お越しを!
  今日はブドウとトマトを収穫して風ぐるま市場へ出荷。トマトは中3日で収穫したけどあまりとれませんね~。1パックしかできませんでした。ブドウも今週末には終わるかな?
1122syultuka.jpg

 出荷から戻ってイチゴの防除。これからは一般の農薬はなるべく使わず、今日はエコピタ液剤に重曹と玄米アミノ酸を混用して散布しました。今シーズンはオンシツコナジラミがなかなかいなくならないので、エコピタ液剤で抑えられたらと思ってます。エコピタ液剤の有効成分は還元澱粉糖化物で、のりみたいな感じで、ハダニやアブラムシなど小さな虫の気門を塞いで殺すようです。
1122sanpu.jpg

 イチゴは章姫の早く咲いて、ミツバチを入れる前でうまく受粉ができず奇形のぶんが赤くなってきました。
1122aki_20121122175823.jpg

 黒大豆の株を切ってビニールを掛けてないパイプハウスに掛けしました。無肥料、無農薬栽培で、となりの人の黒大豆はまだ緑の葉が残ってますが、うちのはほとんど葉が枯れて落ちてしまいました。粒は小さいと思いますが、早く出荷できそうです。でも、虫食いがたくさんあって選別が大変かな?
1122kuromame.jpg

 先日車検をしてもらったとこにお金を払いに行き、ペルー缶をもらいました。ドラム缶でつくった大きなロケットストーブがイマイチなんで、この冬はすぐ動かせる小さなロケットストーブを作って、作業場やいろんなとこで気軽に暖を取ったりお湯を沸かしたりできるようにしようと思います。ペルー缶のロケットストーブは東北の被災地でも活躍してるんですね。http://tharuno2.exblog.jp/i7/
1122peruroke.jpg

 庭のもみじはずっときれいです。イチョウは散ってしまいました。
1122momiji.jpg

 休憩時間には、先日いただいた佳豊庵の果物のソースをパンに塗って食べたり、お湯に溶かして飲んだりしてます。今日はポポー。果物というよりピーナツバターのような濃厚な甘さでした。おいしかったです。
1122popo.jpg
  今朝はブドウとイチジクを収穫。イチジクは割とありました。といっても3~4個入りで5パックです。4個の分は中位の3つに、小さなカドタという品種を1個入れてます。大きいのだと2つで1パックで販売してましたが、寒くなって大きいのは採れなくなってきました。
1121syuukaku.jpg

 今日はひと月ぶりに指の術後の診察とリハビリに倉敷中央病院に行きました。高梁川を見るのも久しぶり。

 有漢川が高梁川に合流する辺の紅葉です。いつもきれいです。
1121kinoyama.jpg

 水内橋周辺。紅葉はもう少しきれいなのですが、携帯電話のカメラではなかなかきれいに撮れません。
1121minoti.jpg

 帰りに撮った写真。日羽と美袋の間の辺?
1121kawanobori2.jpg

 美袋と広瀬の間の辺?鉄道は車道より高いとこを走ってるので眺めが良いと思います。
1121kawanobori.jpg

 高梁川と成羽川が合流する辺。正面の街は高梁市落合町阿部です。高梁の市街地は高梁川、成羽川、有漢川の合流地点に広がってます。23日、24日はいよいよ高梁地紅茶祭り(第11回全国地紅茶サミット)があります。24日は岡山駅から備中高梁駅まで中で紅茶を飲みながら生演奏が聴ける地紅茶列車が走ります。街は紅茶色になると思います。
1121gouryu.jpg

 ところで指の方は、8月3日に腱鞘ごと腫瘍(線維骨性偽腫瘍)を摘出して、その後のリハビリでだいぶ良くなりました。こんな感じです。
1121yubi.jpg

 3ヶ月前はこんな感じで、これくらいしか伸びませんでした。腱鞘がないと腱と筋肉が癒着するので、しばらく曲げたままだと伸びなくなってましたが、もう癒着の心配もなくたぶん大丈夫です。
821yubi3.jpg