岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  今日は7時50分のイチゴのお客さんがいたので、いつもよりちょっと早く収穫開始。でも、まだ朝が暗いので収獲を始めたのは7時15分位。朝玄関を出るときに見える権現山。おはよ~なんてね。
116asa.jpg

 今日は午後から、地域おこし協力隊の坂本くんと、有漢町内の梅園を見に行きました。70歳を超す方が、約10aで60本の梅を栽培してますが、だんだん歳をとるのと、ブドウも栽培してて忙しい時が重なるのと、価格も思ってたほど高く売れないので、木が弱っていくのと合わせて、徐々に縮小していく感じのようです。

 ちょうど剪定中でした。段々田んぼに植えてて、なかなか管理も大変そうですが、斜面にそって枝を低くして、あまり脚立に登らなくてもいいようにされてます。写真は剪定前で、徒長枝がたくさん伸びてます。
116umeb.jpg

 写真は剪定後の梅の木と坂本くん。この後、私は帰りましたが、坂本くんは2時間位剪定を手伝ったようです。
116umea.jpg

 一番大変なのは防除と収獲。この園からは棚田が見渡せて、とても眺めの良いとこです。交流と合わせて、梅の収獲や販売ができたらと考えてます。でも、梅の収穫時期は6月下旬。私はブドウの管理とイチゴの片付けで忙しい時期ですね~。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
昨年、中四国地区の植防会議でトピックとして紹介されましたが、
新しい病害として「ウメ輪紋ウィルス」が、兵庫県・宝塚まで発生しているとのことで、罹病するとウメの木を切るしかないとのことです。
予防策としては、ウィルスを媒体するアブラムシ防除の徹底です。
2014/01/17(金) 08:55 | URL | おろおろし #-[ 編集]
おろおろしさん、情報ありがとうございます。
梅は収獲も防除しない人も多いので、発生するかもしれないですね~。私もそうですが、ブドウや他の作物が忙しくてなかなか梅の防除ができません。黒星病の防除をするときはアブラムシの防除も同時にできればいいですね。
2014/01/17(金) 21:31 | URL | かずんこ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/tb.php/1888-5f4b2bd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック