岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
   昨日晩は、消防団の年末夜警で、晩12時まで消防機庫で待機しなが親睦。途中、慰問があり整列したりしますが、それ以降は忘年会みたいな感じです。でも、晩10時ごろからだんだん苦痛になってきます。

  今朝はイチゴのお客さんが多く、朝8時までのお客さんもいて、7時過ぎに起きてからすぐにイチゴのハウスへ。なんとかギリギリで注文をクリア。収穫中、うどん粉病が見られたので、収獲が終わってからすぐに食用重曹1000倍と玄米アミノ酸1000倍液を散布。ミツバチも気にせず散布してます。イチゴの配達も終わって、朝11時ごろから遅い朝食。

  あいかわらず、イチゴは少なくて、紅ほっぺ、さちのかは過去10年で1番遅れてるかも・・・。

  あき姫はわりと採れてて大きいのが多いです。
1229aki.jpg

  昨日の午後、徳島県で夏イチゴを栽培されてる青年がイチゴハウスに来ました。彼はなんと、高梁市有漢町出身で、東京で仕事をしてたのですが今年3月に辞めて、夏イチゴの産地である徳島県の東みよし町水の丸地区で夏イチゴを栽培してます。正月に有漢町に帰省したおりに、親から私のことを聞いて会いに来てくれました。

 徳島県の夏イチゴには関心があったのですが、なんと標高900~1000mの山のてっぺんみたいなとこで栽培してて、すむのは平地で、毎日30分ほどかけて山を登って栽培してるんですね~。四国なんでそんなに雪は降らないと思ってましたが、先日の大雪では大きな被害が出て、彼のビニールハウスも2棟ほど雪でつぶれたそうです。でもまだ若いので、やる気に満ちてる感じでした。いつか、実際に見に行ってみたいと思います。

 徳島県では、夏~秋は山の上で夏イチゴ、冬~春は平坦地で促成栽培で、イチゴの周年栽培に取り組んでます。なかなか大変そうですが、おもしろそうです。とくしま周年いちごプロジェクト
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/tb.php/2196-4394e437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック