岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  今朝は雨続きでなかなか収穫できなかったブルーベリーを3日ぶりに収穫。写真のような割れや、ほんの少しの割れまで入れると半分くらいが割れてて、思ってた半分位しか収穫できませんでした。割れたのもすぐ食べればおいしいですが、傷みやすいので販売はできません。
27901bb.jpg

  ブドウは急ぎに注文分とケーキ屋さん出荷分を収穫し箱詰め。サニードルチェも割れた粒が多くて、摘粒、出荷に苦労します。サニールージュは小さい房しかなくて、もうあまり送りに使えそうな房は残ってないです。
27901tume2.jpg

  イチゴの移植前の準備。12回目の移植で、不耕起で根っこはそのまま残ってますが、表面だけをナイフで削ります。すると、数年前の古株は虫歯が抜けるように取れます。
27901uejyu.jpg

  昨日植えた苗はまだくた~っとしてますが、2~3日するとぴんと立ってきます。ただ晴天続きだと枯れる株もあり、植えた後の苗には最近のような雨模様の天気のほうが良いみたい。
27901sati.jpg

  正午頃から30分ほどの間どしゃぶりで、その後もしばらく降ったり止んだり。午後からは高梁市街中で高梁市認定農業者協議会総会と労務管理の研修会に参加。労働基準法など、難しくてあまり関係ないような気もしましたが、とりあえず勉強。労働時間については農家は特例があるようですが、最低賃金も特例がほしいですね~。長時間の雇用は難しそうです。

  買い物もして、夕方帰宅してからイチゴのランナー苗を切り離して移植。写真のように1~5cmほど根が伸びたのを植えてます。根が少ないと枯れる可能性が高く、伸びすぎると抜いたり植えたりが大変で、タイミングが重要です。ポット苗に比べると苗運びと植え付けがめちゃ楽です。
27901satinukinae.jpg

花芽分化促進のため今は窒素を切る時期なんで、給液は水だけを流してます。ただ、株ももう少し作らないといけんし、窒素が切れすぎて早く花芽ができすぎてもいけないので、ちょっとだけ肥料を与えたり、微妙なコントロールが必要です。普通のイチゴ農家は花芽分化した苗を9月中下旬に移植します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/tb.php/2420-887b7234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック