岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  今日も朝7時半から娘とイチゴを収穫。思ったほど採れなくて、受けてた注文分が足りませんでした。1人のお客さんの注文分の一部を明日に回し、今日の注文2件はお断りしました。当然いちご狩りも断ってます。年末年始はもっとイチゴがあっても売り先は心配ないですね。

  近場3件を配達して回りました。配達の帰り、畦地地区の丘から見る郷原。八幡や鈴岳、貞守地区の開けたとこを郷原と呼ぶみたいです。手前は畦地地区のキャベツ畑です。冬に農作物が植えられてる光景はめずらしいです。中央上にイチゴハウスや有漢の地域センターが見えます。
271231azeti.jpg

  イチゴ選果場の近くのパンジー。昨日はマイナス3℃くらいまで下がってますが、パンジーも寒さに強いですね。娘は幼稚園のころ、パンジーの花を見てチンパンジーと言ってました。そう言えば、少しチンパンジーの顔に似てるかも?
271231panji.jpg

  今日は31日なんで、なるべくのんびりしようと思ったのですが、ついついイチゴの管理。枝折れ対策をしたり、摘花したり・・・
2712311gou.jpg

  章姫ではやまに1番果房の収穫が終わった実のついてない枝をとったりしてます。写真の枝には7つの実が着いてたんですね。
271231kahei.jpg

  御用納めなんで、ほんの少しいつもより早く、5時過ぎに帰宅。今シーズンを振り返ってみようと思います。

  11年目のイチゴは1月はぼちぼち、2月は過去最高でしたが、3月は過去最低で、もっともお客さんの多い時期にイチゴが無くて大変でした。その後少し回復して、7月上旬までイチゴを収穫して、12月は過去最高で、最終的には平年並みかな・・・。直売主体なんで、もう少し需要に合わせて安定して収穫できるようにしたいです。

  ブドウは11年目間で最高の収穫量、売上でした。園を借りてから老木やアレキサンドリアを徐々に新品種に植え替えて、だんだん植え替えた瀬戸ジャイアンツやシャインマスカットが良いものが採れ始めました。でも、減農薬の3号ガラス室はフタテンヒメヨコバエの被害で売り物にならない房が多かったり、瀬戸ジャイアンツはシミや日焼けがひどかったです。来年は適期の防除と袋かけで被害を軽減したいです。

  あとは去年の9月から患ってた50肩が6月ごろまで続きました。農作業が忙しくなるころに治って良かったです。これから心配なのは老眼ですね~。目を大切にしたいです。パソコンやりすぎかな・・・

  稲ケ市地区では、近所に若者二人が入ってきて、すこし活気がでてきたような気がします。若者に期待ばかりするのではなく、陰ながら応援していきたいです。

  正月も毎日休みなしでイチゴは収穫します。ただ、管理はせずに、収穫が終わったら家族で実家に行く予定です。今年一年お世話になりました。来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/tb.php/2531-96de1e2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック