岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  ちょっと前の話ですが、ブドウの廃園を見に行きました。5年くらい前までは作ってたようですが、猿の被害がひどかったり、栽培者が体を壊したりして作られなくなったそうです。隅のアンカーが抜けて、棚も倒れてます。
28112komuro2.jpg

  まだ棚が立ってる状態なら、草刈りをして、ワイヤを張りなおしたり、メッシュに絡んだクズなどを除去すれば再利用可能ですが、棚が倒れて、クズなどが絡んでると、再生は非常に困難と思います。まだ鳥よけの網もついてるので雪で倒れたのかな?
28112komuro.jpg

  倒れてなければ再利用できるのにもったいないです。資材を取り出すのも大変そうです。できなくなったら、ブドウをつくりたい人に貸すことができればいいのですが、つくるあてがなければ早くブドウを切って、その後の管理もできないようなら棚が倒れる前に解体したほうがいいですね。支柱などの資材は利用できるし・・・。写真のようになるとどうしようもないですね。この農地はこれからどうなるんだろう・・・。

  有漢地域内でブドウを栽培してる人も高齢化して、今のままだとこれからこのような土地がだんだん増えそうです。個人で後継者が見つけられなければ、地域で後継者確保が必要です。そのためには、計画的な終農計画を地域で共有することが必要と思います。そして、うまいこと新たにブドウを作りたい人に貸すことができればいいんですけどね~。

  私はちょうど脱サラしてイチゴを初めて2~3年目に、近所の方が亡くなったり入院したりして、3件からブドウ園を借りてます。今までは木や品種を更新したりして木が小さかったのでなんとか管理できましたが、すべて成園になると管理や収穫、販売も大変なので1ヶ所は地区内で就農予定の方が就農したら任せようと思ってます。そして、後継者を育成して、私は徐々に経営を縮小し、健康維持の百姓になり、終農したいです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/tb.php/2550-83fa8425
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック