岡山県高梁市有漢町で百姓してます。日々の農作業を中心に、田舎暮らし、いろんな仲間の活動を紹介します。
  アブラムシが多発してるとこのイチゴを収穫すると、たまにテントウムシの幼虫が着いてきます。このままパック詰めしたらお客さんびっくりしますよね~。またアブラムシの多いとこに戻しました。
28513tentou.jpg

  朝8時半ごろまで、大きなハウスの手前の小さなハウスの奥で選果作業しながら販売もしてますが、イチゴを買いに来られる方は棚下の花や棚上のブドウを見ながら来られます。イチゴ狩りも対応するので休憩スペースも作ってます。
28513syouhausu.jpg

  我が家の庭には毎年真っ赤なガーベラが咲きます。
28513ga-bera.jpg

  夕方、注文してたハダニの天敵のチリカブリダニ(商品名スパイデックス)が届いたので、イチゴとブドウに散布しました。イチゴは今年はほとんどハダニが見えないので使わなくてもいいかと思いましたが、10日ほど前に2~3株にハダニが見られたので注文しましたが、一番ひどい株を刈り取ったあとはそんなに広がってない感じです。とりあえず全体にパラパラと散布。
28513itigosupai.jpg

  小ハウスのイチゴの上のブドウにも散布。ティッシュに散布して載せてから枝の上に置きました。あと、1号、2号、3号ガラス室のシャインマスカットを中心に写真のように木の太いとこに撒いたりしました。毎年シャインマスカットだけがハダニにやられます。
28513supaibudou.jpg

  今シーズンのイチゴはいまのとことてもいい感じ。うどんこ病も週1回の食用重曹1000倍液と3月の2回の農薬散布でなんとか抑えてます。ハダニもスリップスもほとんど見えません。スピノエースは11/3と3/28の2回散布してます。オンシツコナジラミもたまに使うエコピタと3/7のウララ散布と葉かき、草取り、黄色の粘着シートで抑えれてる感じ。イチゴハナゾウムシの被害は多いですが、摘花を遅らせて、イチゴハナゾウムシにやられた蕾や花だけを取り除いてます。アブラムシも一部だけで、テントウムシが飛んできて抑えてくれてます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kazunkonouen.blog114.fc2.com/tb.php/2651-c2fd860b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック